スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話題のノーニードルメソセラピーって?


メソセラピーは、局部的に脂肪を取り除きたい部位に、脂肪溶解薬を注入する方法なので、脂肪吸引と比べて副作用や腫れ、内出血も少ない方法です。

しかし、針を使うため、一週間程度、腫れや痛みを生じるケースがあります。個人差はありますが、薬剤が体に合わない場合には、外出できないほど腫れる場合があります。

そこで、新たに注目されているメソセラピーとして、ノーニードル・メソセラピーがあります。こちらは施術後の腫れや痛みは一切なく、仕事など通常通り行いながらメソセラピーを行うことができます。

具体的には、薬剤を患部に塗り、特殊な電極で肌をマッサージするように薬剤を皮膚に浸透させていく方法です。

ただ、腫れや痛みが少ない分、メソセラピーの脂肪溶解薬剤の効き目が現れるまで時間がかかり、機材も特殊なものを用いる関係上、通常のメソセラピーに比べて費用が高くなります。

一般的な美容整形外科の場合、ノーニードルメソセラピーの施術費用は、通常の針を使用するメソセラピーの1.5倍~2倍程度の料金になるようです。
スポンサーサイト

テーマ : ダイエット&ビューティー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。